少ない予算でも安心| ローコスト住宅で夢を実現しよう

住みやすい家作り

家

将来性のある家に住もう

注文住宅の間取りでまず考えなければならないのが、これからの暮らしです。どんな家を作って、その家でどのような暮らしをしたいのか具体的にイメージするところから始まります。例えば今4人家族だとして、将来的に子供が増える可能性があるのかなど、家族構成の変化も視野に入れることを忘れてはいけません。子どもが増えた時に子供部屋が足りなくなってしまうと、すぐにリフォームが必要になるかもしれません。リフォームの余裕があるならばいいですが、注文住宅のローン支払いが終わっていない段階でのリフォームは、簡単にできることではありません。当分リフォームしなくても大丈夫なように、今だけではなく、これからの暮らしを考えた家作りが大切です。

広い視野で考えよう

では実際に注文住宅の間取りについて考えていく場合、具体的にどのような点に注意すればいいのでしょうか。その時のポイントとなるのが、自分だけの視野で判断しないということです。例えばキッチンの間取りについて考えるとします。ですがキッチンの間取りといっても、様々な選択肢が存在しています。そのため自分が知っているキッチンの間取りだけでイメージを膨らませるのではなく、まずはどのようなキッチンがあるのか具体的に知ることも大切です。注文住宅を購入するから住宅展示場には行かないという方もいますが、住宅展示場に行くことで、具体的なキッチンの間取りをイメージできます。他にもキッチンのカタログなどを参考にして、自分自身の視野を広げていくことが、間取り決めに大切なことです。